お問い合わせ
  • WordPressテーマ「Silent」の公式サイト

事務関係

お支払い方法は何がありますか?

BOOTHサイトとGumroadサイトの決済サービスを利用しています。お支払方法は販売ページをご確認ください。

領収書は発行してもらえますか?

領収書は各金融機関が発行する明細にて替えさせていただきます。二重発行は行っておりません。

返品・返金は可能ですか?

いいえ、複製可能なデジタルコンテンツの性質上、購入者様のご都合による返品、返金には一切対応できません。ご購入前に、デモサイト、商品紹介文、利用規約、ライセンス数など十分にご確認ください。

ライセンスについて

ライセンス詳細は、利用規約の第4条(権利の帰属)をご確認ください。

テーマの動作環境は?

WordPressが快適に動作する環境(ロリポップやエックスサーバーなどのレンタルサーバー)が必要です。 WordPress.comでは上位プランでないと使用できないと思うのでご注意ください。

コードの知識は必要ですか?

いいえ、コードの知識は必要ありません。WordPressを操作するための基本的な知識は必要になります。

取扱説明書は付属していますか?

はい、付属しています。本サイトからダウンロードしていただけます。

電話サポートはありますか?

いいえ、ありません。本サイトの「お問合せページ」のコンタクトフォームからお問い合わせください。

技術関係

メガメニュー、左固定メニューにできますか?

いいえ、メガメニューと左固定メニューには対応していません。

ドロップダウンメニューの親リンクでページ遷移できませんか?

Bootstrap 4メニューは、モバイルファースト(スマホでのメニュー操作性を優先)のため、ドロップダウンメニューの親リンクをクリックしてもページ遷移できない仕様になっています。

広告コードはどこに貼れますか?

Gutenbergエディタでは「カスタムHTML」ブロックを使用します。ウィジェットでは「カスタムHTML」ウイジェットを使用します。

カテゴリーとタグについて

本テーマでは、1記事にカテゴリー1個を推奨しています(SEO的にも1記事1個推奨のようです)。タグは、1記事に、複数個設定可能です。

パンくずリストについて

「管理画面 / 投稿ページ / カテゴリー」で、「親カテゴリー」を設定すると、カテゴリーの階層表示ができます。

AMPについて

Google検索におけるAMP優遇は2021年6月に終了しました。

子テーマについて

テーマのコードをカスタマイズする場合に使用します。通常は必要ありません。

ブログテーマのスライダーはどこで設定しますか?

ウィジェットエリアの「コンテンツ(ブログページ:上部)」にヒーロー画像、ヒーロー動画、スライダーなどのブロックを配置してください。

WooCommerce対応とは?

テーマのデザインに合わせてWooCommerceプラグインが生成するページも綺麗に表示されるように対応しています。対応箇所はデザインに関する箇所に限られます。

WooCommerceプラグインを利用する場合は、お客様の個人情報を預かることになるので、より慎重にWordPressのセキュリティ対策を行う必要があります。

WooCommerceの翻訳が効かない

新規でWooCommerceプラグインをインストールすると、カートページ、支払いページがGutenbergのブロックで表示されます。2024年4月時点では日本語翻訳が一部対応されていないようです。

元のカートページ、支払いページを使用したい場合は、ショートコードを使用するとできました。

[woocommerce_cart]
[woocommerce_checkout]

「人気記事」のView数について

「人気記事」について
独自ウィジェットとカスタムブロックは別機能のため、設置時期によりView数も異なります。

カウント対象
カウント対象は、ブログのシングルページのみです。Webクローラー、管理者ログイン時はカウントされません。閲覧ユーザーに人気記事をわかりやすく紹介するための機能で、厳密な計測を目的としたものではありません。

リセット方法
Edit Custom Fields』プラグインで、カスタムフィールドの「silent_ranking_count_key」を削除してください。

使用したいプラグインの動作保証をしてもらえませんか?

公式ディレクトリのテーマと相性のよいプラグインは、本テーマでも問題なく動くと思いますが、WordPressのプラグインは数多くあり、日々アップデートされているので、すべてのプラグインの動作保証をすることはできません。

相性の悪いプラグインありますか?

把握できた時点で追記していきます。

  • Font Awesome FreeのSVG(JS)版を使用しているプラグインとは相性が悪いです。Web Font版(CSS)とSVG(JS)は同時に読み込むと擬似要素のデザインが崩れます。
使用したい機能を追加してくれませんか?

テーマに関する機能に関しては前向きに検討していきますが、新機能追加によって将来的に問題が発生することもあるため慎重に対応していきます。

プラグインテリトリーの機能に関しては公式ディレクトリのプラグインを探してみてください。既に優れたプラグインが存在していることが多いと思います。

カスタムブロック(静的ブロック)に関しては、非推奨コードを書かないとリカバリーボタンが出る仕様(変更がとても大変な仕様)のため、バグ修正以外はできるだけ手を加えない方針です。ご要望が多い機能の場合は新ブロックとしてリリースを検討します。

Gutenberg対応について

Gutenbergブロックエディタに対応しています。ヘッダーとフッター以外の部品(コンテンツ部分)はカスタムブロックで制作しています。

FSE対応予定はありますか?

現在のところありません。

トラブル関係

ロゴ画像にSVG画像が使えません

SVG画像はセキュリティ上の問題からWordPressで標準サポートされていません。『SVG Support』等のプラグインを有効化すると使用できるようになります。

エラー画面でログインできません

エラー箇所がテーマかプラグインの場合
FTPソフトを使い、原因と思われるテーマかプラグインを削除してみてください。テーマとプラグインは後でインストールし直せます。

エラー箇所がWordPressコアファイルの場合
WordPressのコアファイルは触れないでください。

アップデートができません

Silentテーマのアップデートには、Silentプラグインをインストール・有効化している必要があります。Silent100テーマも同様に、Silent100プラグインをインストール・有効化している必要があります。

文字化けした場合どうしたらよいですか?

テーマのファイルを開いて保存するには、文字コードUTF-8(BOMなし)で保存できるテキストエディタが必要です。「 Visual Studio Code 」や「 Mery 」がお勧めです。

他のテーマを試したらウィジェットが消えました

WordPressの仕様で、テーマ変更時にウィジェットの位置が変更されることがあります。管理画面で再設定してください。

自作のカスタム投稿タイプのページが404となります

「管理画面 / 設定 / パーマリンク設定」 へ進み、「変更を保存」を押し直すと解決することがあります。

広告が表示されない

ブラウザの設定や拡張機能を確認してみてください。

ウィジェットでエラー

「エラーが発生しました:Cannot read properties of undefined (reading 'map')」

プラグインをすべて停止させて、別のテーマに変更してみてください。原因の特定ができませんでしたが、この作業でエラーが出なくなったことがありました。

Google Search Consoleで「モバイル ユーザビリティ」の問題

「クリック可能な要素同士が近すぎます」
「コンテンツの幅が画面の幅を超えています」
「テキストが小さすぎて読めません」
モバイルフレンドリーテストで問題がない場合は誤検出の可能性が高いようです。CSSファイルの読み込みに失敗した状態で検査されると誤検出されるようです。その場合は、原則、放置で問題ないようですが、早く解決したい場合は、「修正を検証」ボタンを押して再検査を申請します。

Google Search Consoleで「カバレッジ」関連の問題

「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」
WordPressコア機能のXMLサイトマップがnoindexに対応できていないことが原因です。 XML Sitemap Generator for Google プラグイン等をご利用ください。

テーマカスタマイザーの変更が反映されません

ブラウザのリロードを試してみてください。

カスタマイザーでエラーが出ます

レンタルサーバーのPHPメモリ不足が原因で、カスタマイザーの起動時、保存時にエラーが出たことがありました。負荷の高そうなプラグインを無効化するか、レンタルサーバーのPHPメモリ上限を変更して解決するか試してみてください。Query Monitorプラグインを使用すると最大メモリ使用量を確認できます。

「ブロックのリカバリーを試行」ボタンが表示される

アップデートで、カスタムブロック(静的ブロック)に変更を加えた時などに表示されます。ユーザーに負担のかかる仕様のため、出来るだけこのボタンが表示されない修正方法をとりますが、仕様なので避けられないこともあるかもしれません。表示されたときはお手数をおかけしますがクリックしてください。

「更新に失敗しました。 返答が正しい JSON レスポンスではありません。」と表示される

様々な理由で表示されることがあるようです。お問い合わせページの「トラブルシューティング」をしてみてください。

原因が特定しにくい場合

  • 文章中に「危険な文字列(サーバーのWAFにブロックされる)」がないか確認してみてください。
  • レンタルサーバーのPHPメモリ不足が原因で、「更新失敗のエラー」が出たことがありました。記事内の負荷の高いブロックを減らすか、負荷の高そうなプラグインを無効化するか、レンタルサーバーのPHPメモリ上限を変更して解決するか試してみてください。

その他(一部特殊)

なぜ取扱説明書とデモデータはHPからDLするのですか?

BOOTHサイトは販売時のバージョンファイルを削除すると購入者との紐づけが切れる仕様のようです。BOOTHサイト上にバージョン違いのファイルが増えすぎないように、頻繁に更新する取扱説明書とデモデータは本サイトからダウンロードできるようにしています。

Silentテーマで有料部品は使用していますか?

すべての部品のGutenbergカスタムブロック化に伴い、旧部品(有料jQueryプラグインを多用したカスタムページテンプレート)の非推奨化を行いました。旧部品の非推奨化は、機能重複による操作の複雑化を避けるのが目的です。

GutenbergカスタムブロックはWordPressに依存した仕組みのため有料部品を使用せず制作しています。これらの経緯でテーマのライセンス変更も行いました。

なぜSilentテーマとSilentプラグインに分けているのですか?

プラグインテリトリーの機能は様々な観点からプラグインでの管理が推奨されています。

  • WordPressはテーマとプラグインで役割が分けられています(デザインと機能)。
  • Theme Checkプラグインのテストでエラーが出ます。
  • テーマ変更時に乗り換えが困難になります(メタタグの再設定や、カスタムブロックが使えなくなる等)。
  • トラブル発生時に原因の特定がしにくくなったり、原因を特定できても一時的な切り離しが出来ません。
  • 相性問題が発生したり、より優れたプラグインが出たときに切り替えが可能です。
WordPressのSEOについて

WordPressのSEOについて
WordPressはテーマとプラグインで役割が分けられています。SEO関係の機能の多くはプラグインテリトリーに分類されていて、公式ディレクトリにはSEO関係の専門プラグインが多数登録されています。ほとんどの機能を無料で使用できるプラグインも多く、無料でSEO対策が可能です。

Silentプラグイン付属のSEO機能について
主要な内部SEO関係の機能を簡単設定できるようにしてあります。WooCommerceプラグインにも対応しています。機能をオフにすることも可能です。

PageSpeed Insightsへの対応について

本テーマの対応について
テーマとして対応が必要な箇所は出来る限り対応してあります。プラグインでの管理が推奨されている機能に関しては、公式ディレクトリのプラグイン2個(「コード最適化」「画像最適化」)のご利用をお勧めしています。取扱説明書に設定例を紹介してあります。

公式ディレクトリのプラグインについて
公式ディレクトのプラグインでは、「コード最適化」「画像最適化」「キャッシュ」「画像の遅延読み込み」系のプラグインが効果的ですが、「コード最適化」プラグインには「コードのキャッシュ」機能が付属していて、「画像最適化」プラグインには「画像の遅延読み込み」機能が付属しています。これらの機能はWooCommerceプラグイン等にも対応する必要があり、同等の機能を自作、保守していくのが困難なため、既存の人気プラグインをお勧めしています。

Silentテーマをグループ内で再配布しても良いですか?

GPLについて
Silentテーマは100%GPLを適用しているので、テーマ内のすべてのファイルが改変可能、商用利用可能、再配布可能です。ただし、サポート及び自動アップデート(保守、利便性の提供)に関しては無償提供義務はなく、開発者の裁量で提供条件を決めることが可能のようです。

もし再配布される場合
再配布自体(試用、開発等を目的として)は可能ですが、誤解を与えないように、サポート及び自動アップデートが無償で受けられないことを明記した上で行ってください。

もし再配布されたテーマを使用する場合
「自動更新を有効化」または「更新」を押さない限り自動アップデートは行われません。自動アップデートをご利用になる場合はテーマのご購入をご検討ください。

受託制作について
「受託制作されたサイト」は自動アップデートの対象としています。サポートは対象外なので保守契約を含める等してください。※実態が転売に近い場合は自動アップデートの対象外とします。