はじめに

WordPressで問題が発生したときのチェック項目です。
消去法で、問題の原因を特定します。
問題の原因が特定できれば、問題の解決に近づけます。

※エラーでログインできない場合は、FTPソフトを使い、問題の原因と思われるテーマやプラグインを削除します。

1. サイトヘルスの確認

管理画面 / ツール / サイトヘルス
サイトヘルスステータスにエラーがないか確認します。
WordPressやPHPのバージョンが古かったり、SSL化に失敗していると問題が発生することがあります。

2. キャッシュの削除

ブラウザなどのキャッシュを削除します。
テーマやプラグインのアップデート後に表示が崩れた場合など、キャッシュ削除で解決することがあります。

  • ブラウザの履歴削除。
  • キャッシュ系プラグインのキャッシュ削除。

Autoptimizeプラグインを使用している場合は、ツールバーからキャッシュ削除できます。

3. 公式テーマに変更

公式テーマ(Twenty Twentyなど)に変更して、問題が解消するか確認します。

  • Twenty Twentyで同じ問題が発生する場合は、使用中のテーマ特有の問題でないことがわかります。
  • Twenty Twentyテーマで問題が発生することはまれなので、テーマ以外に原因がある可能性が高いことがわかります。

4. プラグインを無効化

プラグインを無効化して、問題が解消するか確認します。
原因となるプラグインを特定できた場合は、無効化して修正版を待つか、旧バージョンに戻します。

プラグインを旧バージョンに戻す方法

  1. 公式サイトのプラグインページへ行き、「詳細を表示」リンクから、旧バージョンを入手します。
  2. 旧バージョンのプラグインをアップロードして、インストール・有効化します。
  3. プラグインのマイナーアップデート(修正版)を待ちます。

5. 子テーマを無効化

子テーマを使用している場合は、子テーマを無効化してみます。

  • 親テーマを有効化することで子テーマを無効化できます。
  • WordPressのメジャーアップデートや親テーマのアップデートに伴い、子テーマにも影響が出ることがあります。

6. テーマ開発者に問い合わせる

上記の1~5で問題が解決(特定)出来ない場合は、ご使用中のテーマのバグの可能性が高いです。
本テーマ(CLOCK)の場合は、以下フォームより不具合の詳細情報を教えていただけると幸いです。